六本木,ショーパブ,二次会

二次会とは

① 最初の会合が終わってから再び開く会合。
② 宴会が終わったあとに、場所を変えて再び開く酒宴。
―大辞林より

会社や結婚式など、大人数での一次会を終えたあと、二次会、三次会に繰り出すという人も多くいますよね。
ではそもそも、なぜ二次会を開くようになったんでしょうか、その理由を調べてみました。

人はなぜ二次会を開くのか

飲み足りないから

会社などでは、今では飲み会は自由参加になっているところや、そもそも飲み会自体を開かないところもあるようですが、現在でも飲み会が開かれる場合は、お酒が好きな人もあまり得意じゃない人も、都合がつけば参加しているようです。
なのでお酒が得意じゃなかったり飲み会が好きじゃない人の場合、「二時間ほどその場に居られれば十分」という人も多いようですが、お酒好きの人は、「もうちょっと飲みたい」、「今度は上司抜きで飲みたい」、という人も出てくるもの。
そんな時に、まだ飲み足りない者同士が集まって二次会に行くというのが定番になっています。

話し足りないから

居酒屋などは、混み合っていると2時間ほどで退店を求められるケースが多くあります。
せっかく久しぶりにゆっくり話す機会ができたのに、これから話が盛り上がるところだったのに、っていうタイミングだと、まだまだ話し足りない!という場合もありますよね。そういう時にも二次会が行われるケースが多くあります。
気軽に寄れてゆっくりおしゃべりが楽しめるお店に移動したり、盛り上がった気分をより高めてくれるお店を利用したりしているようです。

誘われてしぶしぶ

中には、飲み会が大好きな上司や断りづらい相手に誘われてしぶしぶ二次会に、という人もいるかもしれません。
そういう場合は女性がいる店に連れて行ってもらったり、全額おごってもらえる場合もあるので、上司のお財布にうまく甘えちゃうのが手です。

お店のコースに時間制限があるから

そもそも大人数で行われる一次会などで使われるお店はコースで予約することも多く、時間が決まっていて二時間や三時間で退店しなければいけないことがほとんどかと思います。なのでほとんどの場合はそこで一旦会を区切って、帰る人と二次会に行く人に分かれているようです。

場所を変えたい

一次会のお店が居酒屋だったので、二次会はオールナイトで楽しめるカラオケに行きたい!とか、一次会は大衆店で好きなお酒が置いてなかったので、二次会はお酒の種類が豊富なバーに行きたいとか、場所を変えて気持ちも新たに飲み直したい、という人が二次会を開いているようです。

気分を変えるにオススメの店

六本木,ショーパブ,二次会
二次会は、一次会とはガラっと違う雰囲気のお店に行きたい!という人もいるかと思います。
そんな人にオススメなのがショーパブ。非日常的な空間を味わえるので、新鮮な気持ちで楽しく飲めます。
男性同士の団体や女子会などでも広く利用されることが増えているショーパブとはどんなところなんでしょうか。

ショーパブとは!?

パブは酒場のこと。つまりショーパブはショーを見ることができる酒場やレストランのこと。ショークラブやショーレストランも同じようにショーを売りにしたお店で、食事やお酒を楽しみながら間近でショーが見られるのがウケて、近年では外国人観光客からも注目されているんです。

六本木一押しのショーパブ

六本木神楽TOKYO

六本木,ショーパブ,二次会
六本木にある和洋折衷のショーパブ。遊郭をイメージした店内で花魁ショーなどが楽しめます。ショーの合間にはゲストによるポールダンスが行われたりと、和と洋を融合させた新しいショーが見られることが魅力のお店だそう。
セットコースや女子会プランなど二次会にもオススメで、ショーパブにしては意外とリーズナブルなので、二軒目、三軒目をお探しの方にぴったりです。

所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木3丁目10−10 藤井ビル7階
営業時間: 20:00~LAST
電話: 03-6812-9332
HP:http://kagura-tokyo.com/